フェイスブック傘下、お手頃VR端末発売へ 200ドルで来年投入 市場の巻き返し狙う (1/2ページ)

 米フェイスブック傘下の仮想現実(VR)技術開発会社オキュラスが、2018年中に無線で利用できる頭部装着型VR端末を200ドル(約2万2696円)という手頃な価格で発売することが関係者の話で分かった。スマートフォンやパソコンなどに接続が不要で手軽にVRを体験できる。新モデルで、VR端末市場でのシェアを一気に拡大する狙いだ。

 関係者によれば、新端末は米半導体大手クアルコムのモバイルチップ「スナップドラゴン」を採用。競合する韓国サムスン電子の「ギアVR」より軽量で、臨場感あふれるグラフィックと高いゲーム性能を備えている。

 外部機器に接続する必要がないため、持ち運びに便利。ゲーム以外にも航空機内などで映画を鑑賞することが可能なほか、ソーシャルネットワーク機能も搭載されるという。自社の上位モデル「オキュラス・リフト」とは異なり、ユーザーのいる場所を認識してVRの世界に反映する「位置トラッキング機能」は搭載されない予定だという。

 現在のVR端末市場は、価格130ドルのギアVRのようにスマホにつないで使用する手頃な普及モデルと、400ドルのオキュラス・リフトのように1000ドル以上の高性能なゲーム用パソコンに接続する最上級モデルに二極化している。

二極化の間隙を埋めるべく開発

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。