仮想通貨とドルなど即両替 テンX、ビザカード連動アプリ開発 (1/2ページ)

テンXのデビットカード(ブルームバーグ)
テンXのデビットカード(ブルームバーグ)【拡大】

 ビットコインなど仮想通貨を現実の世界でどう利用するか。再三繰り返されてきたこの問いに、シンガポールの新興企業テンXが出した答えは「ビザ」カードだ。

 テンXは複数の仮想通貨をドルや円、ユーロといった法定通貨に即座に両替できるデビットカードを売り込んでおり、既に1万枚を超える受注があるという。取引ごとに2%の手数料を課し、取引上限額は年2000ドル(約22万円)で、本人認証手続きにより限度額の引き上げを申請できる。

 テンXはビザカード連動のデジタルウォレット(電子財布)として機能するアプリを開発。カフェやレストランでカードを機械に通せば、現地通貨で店舗に支払われ、利用者の仮想通貨口座から引き落とされる。例えば、利用者がこのカードを使ってレストランで100ドルを支払う場合、テンXが2ドルを受け取り、残りの98ドルがビザ側に行く仕組みだ。

 テンXの共同創業者、ジュリアン・ホスプ氏は取材に対し、取引は即座に処理され、仮想通貨を法定通貨に両替する際に仮想通貨取引所が設定する手数料(通常0.15~0.2%)以外に一切費用はかからないと説明した。また現在、対応している仮想通貨は8種類で、知名度があまり高くない「ダッシュ」や「オーガー」も利用可能。年末までにおよそ11種類に増やすことを目指しているという。

現時点でテンXは月間10万ドル程度の取引を処理

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。