ベッドもシェアする中国、北京に昼寝専用カプセルホテル登場 過労や睡眠不足も影響か (4/4ページ)

中国の新興企業「享睡空間」が作った昼寝専用のカプセルホテルで入室を待つ女性。IT関連の専門職をターゲットにしている。中国には昼寝の習慣があるほか、ホワイトカラーの過重労働が深刻な問題となっており、拡大を続ける「シェアリング・エコノミー」の一種として注目を集めているようだ(ロイター)
中国の新興企業「享睡空間」が作った昼寝専用のカプセルホテルで入室を待つ女性。IT関連の専門職をターゲットにしている。中国には昼寝の習慣があるほか、ホワイトカラーの過重労働が深刻な問題となっており、拡大を続ける「シェアリング・エコノミー」の一種として注目を集めているようだ(ロイター)【拡大】

  • 中国の新興企業「享睡空間」が作った昼寝専用のカプセルホテル。IT関連の専門職をターゲットにしている。中国には昼寝の習慣があるほか、ホワイトカラーの過重労働が深刻な問題となっており、拡大を続ける「シェアリング・エコノミー」の一種として注目を集めているようだ(ロイター)
  • 中国・北京に作られた昼寝専用のカプセルホテルで休もうとする男性。はしごを上っている。中国には昼寝の習慣があるほか、ホワイトカラーの過重労働が深刻な問題となっており、このカプセルホテルは拡大を続ける「シェアリング・エコノミー」の一種として注目を集めているようだ(ロイター)
  • 中国・北京に作られた昼寝専用のカプセルホテルで休もうとする男性。耳栓を手渡されようとしている。中国には昼寝の習慣があるほか、ホワイトカラーの過重労働が深刻な問題となっており、このカプセルホテルは拡大を続ける「シェアリング・エコノミー」の一種として注目を集めているようだ(ロイター)

 ロイターは、中国におけるシェアリング・エコノミーの市場規模が2020年までに国内総生産(GDP)の10%を占めると指摘。今回の昼寝専用のカプセルホテルも、シェアリング・エコノミーの一種ととらえて報じた。

 たしかに、利用者がスマートフォンを使って空いているカプセルを予約する点ではシェアリングと似た仕組みだが、従来のカプセルホテルと何が異なるのかはもう一つ見えてこない。

 中国のニュースサイト「シャンハイスト」によると、中国では屋外で遊べるバスケットボールや、携帯電話の充電器、傘もシェアリングの対象となっている。

 もっとも、傘を扱っている企業では、30万本あった貸し出し用の傘のほとんどが、数週間のうちに盗まれたり紛失したりしたというから、中国でのビジネスは一筋縄ではいかないようだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。