米国製「核シェルター」、日本から問い合わせ急増 北ミサイル脅威で (1/3ページ)

アトラス・サバイバル・シェルターズの地下シェルターには談話室やキッチンが設置されている(ブルームバーグ)
アトラス・サバイバル・シェルターズの地下シェルターには談話室やキッチンが設置されている(ブルームバーグ)【拡大】

 北朝鮮の脅威の高まりを受け、日本で米国製核シェルターが注目されている。米シェルターメーカーには日本からの問い合わせが急増しており、拡大が見込まれる日本の需要を取り込もうと虎視眈々(たんたん)と狙っている。

 3週間で倍増

 米国の工場から世界各地の顧客に核シェルターを出荷しているアトラス・サバイバル・シェルターズ(カリフォルニア州)のビジネスがこれほど活況だったことはかつてない。「ボムネード」は最もよく売れている核シェルターの一つで、値段は1万8999ドル(約210万円)からだ。

 世界情勢全般、特に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が米国本土を攻撃し得るミサイルの開発を進めていることを考えれば、同社の核シェルターの需要が高まっているのは驚きではない。興味深いことに、核シェルターへの関心が最も急速に高まっているのは米国ではなく日本だ。日本は長期にわたり北朝鮮の射程圏内にある。

 「今、最も盛り上がっているのは日本だ」。アトラス・サバイバルのオーナー、ロン・ハバード氏は言い切る。同社は半年から1年居住可能なモデルの地下シェルターを十数種類製造しているが、その一部には避難用トンネルや除染室、防弾ハッチが装備されている。

「ハルマゲドン」ビジネスの中心地

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。