【今週の予定】7-13日 東芝の有報提出期限/ソフトバンクなど決算発表相次ぐ (1/2ページ)

東芝のロゴ=東京都港区芝浦の東芝本社
東芝のロゴ=東京都港区芝浦の東芝本社【拡大】

  • ソフトバンクグループの孫正義社長

 <焦点>

 ▼10日 東芝の有価証券報告書の提出期限

 経営再建中の東芝は10日、延期していた2017年3月期の有価証券報告書の提出期限を迎える。PwCあらた監査法人が「不適正」と表明すれば、東京証券取引所を傘下に置く日本取引所グループが上場廃止を決める可能性がある。有価証券報告書は決算をはじめとする経営状況をまとめた資料で、投資家にとって重要な判断材料となる。監査法人の意見を得て通期末から3カ月以内に提出することが金融商品取引法で義務づけられている。延期申請は何度もできるが、関東財務局の承認が必要となる。延期が認められない場合、1カ月以内に提出できなければ上場廃止になる。東芝と監査法人の溝は埋まっておらず、東芝が再び延期申請する可能性も高い。

 ▼7日 ソフトバンクグループが4~6月期決算発表

 今週は東レ、東京海上ホールディングス、石油資源開発、明治ホールディングスなども相次ぎ発表。

 ▼8日 6月の国際収支が発表

 5月の経常収支は1兆6539億円の黒字となり、前年同月に比べ1037億円減少した。貿易収支が赤字になったことから4カ月ぶりの減少。

 ▼9日 7月の中国の消費者物価指数・生産者物価指数が発表

 6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で1.5%上昇。5月と同じ伸びだった。

 ▼10日 6月の機械受注が発表

 5月の「船舶・電力を除く民需」の受注額は前月比3.6%減。内閣府は基調判断を「足踏みがみられる」に変更した。 

【8月7日、月】

 <国内予定>

 ▽14:00 景気動向指数(6月、内閣府)

 ▽決算発表=ソフトバンク、LIXIL、東レ、パイオニア、東邦亜鉛(4~6月期)、サントリー食品(1~6月期)

 <海外予定>

 ▽米 消費者信用残高(6月)

 ▽米 セントルイス連銀総裁、講演

 ▽米 ミネアポリス連銀総裁、講演

 ▽中国 外貨準備高(7月) 

 ▽アブダビ OPEC加盟国と非加盟国の専門家会合(8日まで)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。