【論風】2050年の世界 アジアが経済の中心に (1/3ページ)

 □青山学院大学特別招聘教授・榊原英資

 米大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は2017年2月13日、「2050年の世界」の最新リポートを発表している。

 2世紀ぶりの復権

 このリポートによると、42年までに世界経済の規模は倍増し、中国が市場為替レートベースでも、30年までには世界最大になるとされている(購買力平価=PPP=ベースではすでに中国は米国を抜いて世界のナンバーワン)。また、50年までにはインドは米国を抜き世界第2位に、インドネシアも中国、インド、米国に次ぐ世界第4位の経済大国になると予測されている。ちなみに日本はブラジル、ロシア、メキシコに次ぐ第8位になっている(順位はPPPベース)。

 50年までには、重要経済大国のうち6カ国はいわゆる新興市場国になり、その国内総生産(GDP)は欧州のドイツ、英国、フランスなどを大きく超えることになる。

 もっとも、19世紀初めまでの2大経済大国は中国とインドであり(英経済学者アンガス・マディソンの推計によると1820年時点で世界のGDPの28.7%は中国、16.0%はインドだった)、その意味では、中国とインドは新興(emerging)ではなく、再興(re-emerging)市場国というべきであろう。19世紀からさらに遡(さかのぼ)ると、中国、インドのシェアはより大きくなり、1500年前後には、両国で世界のGDPの70%近くを占めていたとされている。

最も豊かな地域に

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。