運転代行サービスの需要が急拡大

 飲酒をしたら運転代行業者を探すのが、中国での新たな習慣になった。清華大学法学院公法研究センターの研究チームはこのほど、「運転代行業発展白書」を発表した。それによると、近年、中国では運転代行サービスに対する需要が急速に増大している。昨年1年間で利用件数は2億5300万件を超えており、総生産額は154億元(約2544億円)に達した。運転代行を利用する理由で一番多いのは飲酒で、全体の97.8%。ほかには、過労やビジネス上の送り迎え、家人の送り迎えなど。研究チームは、昨年1年間で運転代行により飲酒運転による交通事故が350万件減少し、83万人が処罰を免れたと推定している。(中国新聞社)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。