「院政」に投資家から鋭い視線 議論を呼ぶ相談役・顧問制度、企業側の意識は (1/2ページ)

 ■「院政」に投資家から鋭い視線

 企業の相談役・顧問制度に、投資家の鋭い視線が注がれている。経営トップが退任後にこうした役職に就いて「院政」を敷くことで、「経営の判断がゆがめられるのではないか」との懸念があるためだ。アンケートで相談役・顧問制度の有無を尋ねたところ、「ある」と回答した企業は、全体の約9割に上った。

 現職の役員や役員経験者が現在、相談役・顧問に就いている企業は、無回答を除いて88%。相談役・顧問の数は、「1~4人」が56%を占めて最も多く、「5~9人」(22%)が続いた。「10人以上」は11%で、このうち「20人以上」も1社あった。

 相談役・顧問に関しては、どんな役割を担っているのかが外部からは分かりにくいという問題がある。実態を複数回答で聞いてみると、「現経営陣への指導や助言」と「業界団体や財界での活動」がともに約3割を占めてトップだった。「顧客企業との取引関係の維持や拡大」は13%、「審議会委員などの公益活動」は5%だった。

 このほか、経営陣候補や専門家などの「人材育成」(建設)や、社会貢献活動への参加などによる「ブランド価値の向上」(エネルギー)などの回答が目立った。「社外団体活動への参加や、冠婚葬祭への出席を通じた顧客や地域との結びつきの強化」(電機)、「役員退任から子会社役員就任までのつなぎ」(通信)との回答もあった。

企業側の動きの鈍さが浮き彫りに

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。