NY株反発、14ドル高 IT関連株が主導

 11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、前日比14・31ドル高の2万1858・32ドルと4日ぶりに反発して取引を終えた。前日に大幅に値を下げた電子機器のアップルなどIT関連株に買い戻しが入った。

 朝方に発表された7月の米消費者物価指数の上昇率が市場予想を下回り、景気下支えのため米追加利上げが先送りされるとの見方も出て、買い安心感が出た。ただ北朝鮮を巡る緊張の高まりへの懸念も根強く、上げ幅は限られた。

 ニューヨーク金先物相場は3日続伸し、取引の中心となる指標の12月渡しが前日比3・90ドル高の1オンス=1294・00ドルで取引を終えた。指標の終値としては6月上旬以来、約2カ月ぶりの高値となった。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。