アウディ、取締役7人中4人を交代 ベンツ・BMWに劣勢…改革で巻き返し (1/2ページ)

新車発表会で話すアウディのシュタートラー最高経営責任者。アウディは4人の取締役の交代と同氏残留を発表した=7月、スペイン・バルセロナ(ブルームバーグ)
新車発表会で話すアウディのシュタートラー最高経営責任者。アウディは4人の取締役の交代と同氏残留を発表した=7月、スペイン・バルセロナ(ブルームバーグ)【拡大】

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の高級車部門アウディは28日、取締役7人のうちストロベック最高財務責任者(CFO)を含む4人を交代すると発表した。後任はアウディやVWから選ばれた。アウディは、ディーゼル車の排ガス不正問題に揺れる中で、競合のBMWやダイムラー傘下のメルセデス・ベンツに押されており、巻き返しを狙っている。

 今回の人事で、ストロベックCFOの後任にはアレクサンダー・ザイツ氏(55)、セールス担当のフォッゲンライター氏の後任にはブラム・ショット氏(56)が任命された。生産担当はワルトル氏からペーター・ケスラー氏(58)に、人事担当はジギ氏からウェンデリン・ゲーベル氏(53)に交代する。

 不正問題で批判の矛先となっているシュタートラー最高経営責任者(CEO)は留任する。2007年からアウディを率いる同CEOには、不正行為に気付いていたとの疑惑が浮上したが、アウディ監査役会は5月、同CEOの任期を5年延長するとの決定を下した。

 VWのCEO兼アウディ監査役会会長のミュラー氏は声明で「最近のアウディは難しい時期にあったが、今後の成功のための条件は全てそろった。従業員と新取締役が協力し、アウディの将来に向かって改革を推し進めていく」と述べた。

 取締役の交代はこの5年間で2回目であり、アウディの立て直しを図るVWの戦略の一環。VW最大の稼ぎ頭である同部門は今年、世界販売台数でメルセデス・ベンツやBMWに差を広げられている。排ガス不正問題関連の捜査が続いているほか、アウディにとって最大の市場である中国のディーラーとの対立も影響した。

排ガス不正問題に関わったエンジンの開発を担当

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。