カンボジア、上半期金融FDI、89%増 資本金引き上げ信用度向上 (1/2ページ)

首都プノンペンにある地場銀行。カンボジアは金融市場の安定に向け金融機関の最低資本金を引き上げた(ブルームバーグ)
首都プノンペンにある地場銀行。カンボジアは金融市場の安定に向け金融機関の最低資本金を引き上げた(ブルームバーグ)【拡大】

 カンボジアは、金融分野への国外からの直接投資(FDI)が急伸している。カンボジア国立銀行(NBC、中央銀行)によると、今年上半期の金融分野へのFDIは、前年同期比89%増の4億3900万ドル(約482億円)に達した。NBCは、金融市場の安定を図るため金融機関の最低資本金を大幅に引き上げたことが同国金融市場の信用度を高め、国外からの投資増につながっているとの見方を示した。現地紙プノンペン・ポストなどが報じた。

 今年上半期の金融分野へのFDIは大手金融2社が牽引(けんいん)した。仏2位の金融グループ傘下のBREDバンク・ポピュールが3月にカンボジアで事業を開始。4月には日本のみずほ銀行が出張所を開設した。

 地場コンサルティング会社エマージング・マーケッツ・コンサルティング(EMC)の幹部は、上半期に参入した外資2社が東南アジア地域での長期的な事業拡大戦略のもと、カンボジア金融市場に参入していると指摘し、同市場への信用が高まっている証しだとの見方を示した。

 NBCは昨年、金融市場の安定に向け金融機関の財政基盤を強固にするため、金融機関の最低資本金を引き上げた。商業銀行では従来の3750万ドルから7500万ドル、低所得者への小口融資などを扱うマイクロファイナンス機関(MFI)では6万2500ドルから150万ドルとなった。

 各金融機関は2018年3月までに最低資本金の要件を満たすよう求められている。NBCによると、同国には16年末時点で、商業銀行が37行、MFIが63機関ある。

国外からの投資、さらに増加か

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。