NAFTA再交渉 自動車に重点 原産地規則など難分野協議

 米国とカナダ、メキシコがメキシコ市で行っている北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第2回協議は、週明け4日からより難しい分野に入る。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

 交渉が非公開であることを理由に、事情に詳しい関係者が匿名で明らかにしたところによれば、3日には雇用ルールについて議論した。その後、4日からは原産地規則を取り上げる予定としている。協議では特に、域内での無関税輸出の条件である域内原産比率を最低62.5%としている自動車セクターに重点を置くという。

 ブルームバーグが入手した日程に関する情報によれば、4、5両日に3カ国は原産地規則のほか、政府調達や知的財産権、環境、デジタル問題、サービス貿易を話し合う。(ブルームバーグ Eric Martin、Josh Wingrove)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。