長期金利は横ばい

 8日午前の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(348回債、表面利率0・1%)の利回りが前日終値から横ばいの0・010%で始まった。

 日銀の国債買い入れを前に様子見ムードがあり、積極的な売買は控えられた。

 大阪取引所10年国債先物の中心限月である9月きりは09銭高の151円35銭。