経常黒字、37カ月連続 7月、2・3兆円 海外子会社からの配当増で

経常収支の推移(共同)
経常収支の推移(共同)【拡大】

 財務省が8日発表した7月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は前年同月比19・6%増の2兆3200億円の黒字だった。黒字は37カ月連続で、7月として過去最高の黒字幅を記録した。海外子会社から受け取る配当の増加などが寄与した。

 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は5・7%減の5666億円の黒字となった。輸出は自動車が堅調で15・2%増の6兆4012億円。輸入は、液化天然ガス(LNG)や石炭の増加などで17・7%増の5兆8345億円だった。

 一方、海外投資からの収益動向を示す第1次所得収支は、26・8%増の2兆1470億円の黒字。海外子会社からの配当増に加え、金利上昇を背景に債券利子が増えたことなどが黒字幅の拡大に貢献した。

 サービス収支は2373億円の赤字で、前年同月から赤字幅が338億円拡大した。日本人が海外で支払うお金が増え、旅行収支が微減の1560億円の黒字となったことが響いた。