尖閣周辺に中国船4隻 海保、国有化5年を前に警戒

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、10日午前、中国海警局の船4隻が沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域に入った。政府が尖閣諸島を国有化して11日で5年となるのに合わせ、中国が周辺での活動を活発化させる可能性があり、海保の巡視船が領海に近づかないよう警告した。

 尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは6日以来。1隻は機関砲のようなものを搭載していた。

 また、巡視船は10日、与那国島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)で台湾の海洋調査船「海研1号」がワイヤのようなものを垂らして航行しているのを確認。11管本部は、日本のEEZ内では「日本政府の事前の許可または同意のない調査活動は認められない」として、中止を求めたという。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。