公共電波開放など3分野を重点議論 規制改革推進会議

 政府の規制改革推進会議は11日の会合で、当面重点的に議論する3分野を決めた。国や自治体に割り当てられている公共用の電波の民間企業に対する開放拡大や待機児童解消に向けた保育制度の見直し、林業の成長産業化のための改革を選んだ。年内にも課題解決への方向性を示す。出席した安倍晋三首相は重点分野に触れ「チャレンジを阻む岩盤のような規制に真正面から挑戦し、スピード感を持って改革を進めていく」と述べた。

 電波は消防や警察などの公共機関や民間企業に割り振られている。有効活用されていない周波数帯を企業が使えるようにして、スマートフォンなどの普及で通信量が激増した現状に対応し、実証実験の進む第5世代(5G)通信システムの事業化を後押しする。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。