柿の米国向け輸出解禁 一部産地で年内出荷に

福岡県朝倉市の柿農家。九州北部豪雨での被害から再建を目指す
福岡県朝倉市の柿農家。九州北部豪雨での被害から再建を目指す【拡大】

 農林水産省は12日、米国向けの日本産生柿の輸出が解禁になったと発表した。10月12日付で植物検疫条件を満たす生柿の輸出が可能となる。検疫体制が整いつつある和歌山など一部の産地では年内にも出荷となる見通し。日本は柿の輸出解禁を米国に長年要請してきた。米政府は病害虫を防ぐ日本側の検疫体制が不十分だとして認めていなかったが、今回必要な体制が整ったと判断した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。