イケア、マレーシアに物流拠点設置 ASEAN域内で店舗網拡充

マレーシアのイケアの店舗=マレー半島西部セランゴール州(ブルームバーグ)
マレーシアのイケアの店舗=マレー半島西部セランゴール州(ブルームバーグ)【拡大】

 マレーシアで、スウェーデン発祥の家具大手イケアが東南アジア諸国連合(ASEAN)域内の物流拠点を設置する。投資額は9億800万リンギット(約236億800万円)とされる。同社は、成長が見込まれるASEAN域内で店舗網を拡充させる計画だ。現地紙ニュー・ストレーツ・タイムズなどが報じた。

 マレーシア政府系投資促進機関のマレーシア投資開発公社(MIDA)によると、新たに設置される流通センターはASEAN域内の物流拠点とする予定で、総面積が10万平方メートルとされ、年間で総額66億リンギットに上る商品を取り扱う。在庫管理の効率化を図るためICT(情報通信技術)システムなども導入される。イケアが世界中で展開する流通センターの中でトップ10に入る規模となる見通しだ。

 同社は現在、ASEAN域内でマレーシアをはじめ、シンガポール、タイ、インドネシアで合計12店舗を展開する。域内店舗への商品供給に向けた物流拠点の設置に伴い、2026年までに域内での店舗数を20店に引き上げる。

 マレーシアのムスタパ・モハメド貿易産業相は、世界最大の家具メーカーとされるイケアの流通センター設置について、今後、外資企業が同国を域内の物流拠点とする動きにも波及することに期待を示した。

 同国は、ASEAN域内でのビジネス拠点を目指し、15年に外資企業による物流施設などの設置に対して税制優遇措置を講じる制度「プリンシパル・ハブ」を導入するなど、投資誘致を加速させている。これまで、航空部品製造などを手掛ける米ハネウェルをはじめ、ダイキン工業など26社が同制度のもと、マレーシアにASEAN域内の統括拠点を設置した。

 MIDAは向こう10年で、外資企業による同国での拠点設置に伴う投資額が総額168億リンギットに上ると見込んでいる。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。