ユニコーン企業数、中国は世界2位

 世界4大会計事務所の一つ、デロイト・トウシュ・トーマツと中国の投資コンサルディング機関、投中信息が先週発表した報告によると、ユニコーン企業(企業評価額が10億ドル=約1093億5000万円=を超える非上場のベンチャー企業)の数は米国が世界1位、中国が2位で、両国の数を合計すると世界全体の8割以上になる。今年6月末の時点で、世界のユニコーン企業の数は252社。22カ国に分布し、42.1%が米国、38.9%が中国の企業。3位はインドだが、全体に占める割合はわずか4%。注目されるのは、米国のユニコーン企業は企業サービス分野で先頭に立っているが、中国は文化娯楽分野でトップを切っていることだ。(中国新聞社)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。