タイのEC市場、5年で倍増計画 農業や地方企業の参入後押し

スマートフォンを操作する男性=首都バンコク(ブルームバーグ)
スマートフォンを操作する男性=首都バンコク(ブルームバーグ)【拡大】

 タイは、電子商取引(EC)市場のさらなる拡大を目指し、振興策を検討している。同国商業省のEC委員会は8月、向こう5年の国家EC計画の草案を承認した。EC市場を今後、年平均20%増で成長させ、2021年に5兆バーツ(約16兆6500億円)規模とし、16年の2兆5200億バーツ規模から倍増させる計画だ。現地紙ネーションなどが報じた。

 草案によると、EC市場の競争力強化に向けて、地場EC企業数や対象品目の増加に加え、国境を越えたECも拡大させる。現在、同国の中小企業200万社のうち、ECを行っているのはおよそ50万社とされる。このため、EC市場に参入する中小企業数の増加を促す。なかでも農業や地方企業などの参入を後押しする考えだ。

 アピラディー・タントラポーン商業相は、近隣国とのECを活発化させるため、物流網の整備を図ると同時に、通関手続きの迅速化なども進めるとの考えを示した。

 質の高いECサイトの構築に向けた補助金の支給や、ECに対する消費者の信頼度を高めるため、決済システムの改善に加えて苦情を受け付けるコールセンターの設置なども推進する方針だ。

 また、ECのなかでも、インターネット通信販売など「BtoC」(企業対消費者間取引)を、16年の4750億バーツ規模から21年は約2倍の9000億バーツ規模に拡大させる目標を掲げる。

 アピラディー商業相によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)全体の「BtoC」のうち、タイは27%と域内で最大市場とされる。振興策に伴い、ASEAN域内での存在感をさらに高めるのも狙いだ。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。