【トランプ政権】トランプ大統領、中国系投資会社による米半導体メーカーの買収を禁止 安全保障上の措置

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ホワイトハウスによると、トランプ大統領は13日、中国系投資ファンド会社「中国ベンチャーキャピタルファンド」(CVCF)による米半導体メーカー「ラティス・セミコンダクター」(本社・オレゴン州)の買収を禁じる命令を出したと伝えた。「買収は安全保障を脅かすため」と説明している。

 米大統領は、外国企業による米国企業の買収が自国の安全保障に対する脅威となるおそれがあると判断した場合、買収を禁じることができる。

 ホワイトハウスはCVCFについて「中国の国有企業体が保有する中国企業」と指摘した上で、ラティス社の半導体製品を米国が使用しており、半導体のサプライ・チェーンの一体性は重要であると強調。中国政府が後押しする今回の買収が実現し、知的所有権が外国に流出する事態が生じれば、安全保障上のリスクが生じるとしている。

 米メディアによると、CVCFは13億ドル(約1440億円)でラティスの買収を提案していた。

 トランプ氏は7月、中国からの鉄鋼製品の輸入を念頭に、鉱工業製品の輸入が米国の安全保障に及ぼす影響について調査し、改善策を報告するよう指示する大統領令に署名するなど、米国の安全保障を脅かすおそれのある中国の経済活動への対抗姿勢を強めている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。