【ワンタップバイのカンタン投資講座】PERって何?(1)

 株価が割高なのか、割安なのかをみるために「株価指標」があります。難しいように思われますが、意外に理解しやすい指数もあります。一般投資家にも使われる代表的なものとして「PER」があります。Price Earnings Ratioの頭文字で、日本語では「株価収益率」(ほとんど直訳です!)といいます。この指標は株価を企業の収益で割ったものです。収益は企業収益をその企業が発行している株数で割った「1株当たりの利益」を使います。

 この計算結果の意味するところは「今の株価はその企業収益の何倍の水準なのか?」。言い換えると「今の株価は今後何年分の収益を反映したものなのか?」という感覚です。

 PERは検索サイトで簡単に調べられます。例えば、セブン&アイホールディングスは株価4382円でPERは「21.9倍」、ローソンは株価7530円ですがPERは「22.48倍」となっています(8月18日現在)。PERは一般に数字が小さい方が割安、大きい方が割高としますので、同じコンビニ業界の株で「セブン&アイの方がローソンより少し割安な状態にある」と判断します。(取締役 三好美佐子)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。