海水淡水化、コストに課題 昨年末時点でプロジェクト131件完成 (1/2ページ)

 中国国家海洋局が先頃発表した「2016年全国海水利用報告」によると、全国の海水淡水化プロジェクトは2016年末時点で131件が完成し、水の生産規模は1日当たり118万8100トン、最大プロジェクトの規模は1日当たり20万トンに上った。

 また、淡水化された海水は工業用水または生活用水として利用されており、16年末までに生活用水として利用された割合は、プロジェクト全体の33.05%だった。

 国家海洋局科技司の曲探宙・司長は「国民の水不足への危機感と海水利用への認識を高め、淡水化した海水を飲料水にすることの不安感を取り除きたい」との考えを示す。

 曲司長は「現在の淡水化水の各種水質指標は中国の『生活飲料水衛生基準』の関連規定に適合している」と強調。「海水を淡水化したものでは微量元素が不足し、長期間飲み続けることで健康被害が生じる」と考える人がいるが、「飲料水は栄養水でなく、水を飲むことで微量元素を摂取しようなどと考えるべきではない」としている。

 データによると、中国の657都市のうち300都市余りが水不足で、天津、遼寧省大連、山東省青島、上海、広東省深センといった沿海部の都市が特に深刻だ。関連当局の試算によると、30年までに(南部の水を北部に送る)「南水北調」の東ルート第1、2、3期工事と中央ルート第1、2期工事の全てが完成し、かつ一部海水を利用したとしても、沿海部で不足する水の量は214億立方メートルに達する。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。