東京23区、主戦場は「城東、城北」 新築マンション、利便性に優れ割安 (1/2ページ)

利便性の高さから共働き世帯の人気が高い「シティテラス東陽町」=東京都江東区
利便性の高さから共働き世帯の人気が高い「シティテラス東陽町」=東京都江東区【拡大】

 地価や施工費の上昇を反映し、首都圏の新築マンション販売価格は高騰している。富裕層需要に支えられる一部の都心物件やシニアのニーズが高い「駅近」の好調に加え、東京23区内で人気が高まっている地域がある。利便性に優れながら割安な価格で物件が購入できるという「城東、城北エリア」だ。

 共働き世帯が過半

 「これまでに見たことがない傾向だ」。総戸数500を超える大型マンション「シティテラス東陽町」(東京都江東区)を販売する住友不動産の担当者は、契約者の分析結果にくぎ付けになった。

 30~40代がターゲットのマンションとしては珍しく、共働き世帯が過半数を占めた。最寄り駅はオフィス街の大手町まで9分という東京メトロの東陽町。通勤に便利で子育てもしやすい環境が評価された。

 同社が10月から本格販売を開始する「シティテラス西日暮里ステーションコート」(荒川区)も、最寄りの西日暮里駅から大手町まで10分の利便性が売り。子育て層を中心に2カ月で、想定を大幅に上回る約1000件の問い合わせがあった。総戸数900に迫る「ザ・ガーデンズ東京王子」(北区)の販売も好調という。

 これまでファミリー層の間では世田谷など高級住宅地の人気が高かったが、価格上昇で共働きでも購入が難しくなった。価格を抑えるため、各住戸の面積を縮小する動きも活発になっている中、城東・城北エリアでは同等の品質・間取りの物件を数割安い価格で購入できる。「子供の送り迎えなどを考慮し、通勤が便利で少しでも広く」。そんな顧客層の取り込みを狙う動きが鮮明になっている。

街のブランドにこだわらず

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。