【ワンタップバイのカンタン投資講座】PBRって何のこと?(2)

 株価指標「PBR(株価純資産倍率)」は、今の株価がその会社の持つ財産の何倍で買われているかを知るものです。値が小さければ割安、大きければ割高とみられますが、特にPBRの数値「1倍」は、大きな意味を持ちます。

 もし会社が倒産したとします。取引されている株価は限りなくゼロに近づくわけですが、その代わり株主は借金を返済して残った分の会社の財産を持ち株数に応じて受け取る権利を持っています。PBR=1倍とは、会社が倒産しても、財産分与で投資金額を埋め合わせることができる水準です。もし1倍を下回った株価で株を買えば、もし倒産しても財産分与で利益が出ることを意味しています。そういったことから、特に株価の低迷時期、他にこれといった材料がない時期には、PBR1倍割れは「お買い得」な割安銘柄として注目されることがあります。正常な評価に戻る過程で、株価上昇が見込めるからです。ただ本当に企業が倒産すると、清算に大変な時間がかかるので投資としてお得かは疑問です。一通り調べて倒産がらみではないことを確認してから「割安お買い得」銘柄として投資を検討しましょう。   (取締役 三好美佐子)