安倍首相、「希望(の党)は、いい響き」 小池新党との選挙戦は「フェアに」

記者会見で衆院解散を表明する安倍首相=25日午後、首相官邸
記者会見で衆院解散を表明する安倍首相=25日午後、首相官邸【拡大】

  • 新党の名称が「希望の党」に決まり、会見に臨む東京都の小池百合子知事=25日午後、東京都新宿区の都庁(福島範和撮影)

 安倍晋三首相は衆院の28日解散を表明した25日の記者会見で、小池百合子東京都知事が結党し、代表に就任することを表明した「希望の党」について「希望というのは、いい響きだ」と述べた。10月の衆院選に向け「都知事である小池氏とは、東京五輪・パラリンピックを成功させなければならないという共通の目標を持っている。選挙戦はフェアに戦いたい」と語った。

 首相は、第1次政権で安全保障担当の首相補佐官や防衛相を務めた小池氏の経歴に触れ「安全保障の基本的な理念は同じだろう」との認識を示した。その上で「政治手法において、ということでは違うかもしれないが、さまざまな政党がしっかりと政策を前面に打ち出しながら、建設的な議論を行うことによって国民の期待に応えていきたい」と強調した。