【東京市場の注目銘柄】(27日)いすゞ自動車 3.3%安 (1/2ページ)

 ≪国内販売や海外LCVに不透明感≫

 ■いすゞ自動車(7202) 前日比3.3%安の1485円。JPモルガン証券は、目標株価をほぼ達成したと指摘し、投資判断を「オーバーウエート」から「中立」に下げた。ファンダメンタルズはおおむね計画線での推移とみるが、今下半期の国内トラック販売見通しや、海外LCV(ピックアップトラックなど)にやや不透明感が残る展開だと予想。業績面でのダウンサイドリスクは限定的と想定も、直近の株価上昇で上値余地は限定的とみている。

 ■IDEC(6652) 2.9%高の2359円。岩井コスモ証券は、投資判断を「A(アウトパフォーム)」、目標株価2600円で調査を開始。制御用スイッチや安全関連機器など主力製品が好調。内外で省力化・省人化需要が高まる中、独自技術を発揮した中長期の成長に期待している。

 【電池関連銘柄】 古河電池(6937)が6.3%高の1227円、安永(7271)が3%高の3285円、電池用セパレータメーカーのニッポン高度紙工業(3891)が4.8%高の2621円、電極板塗工機械のヒラノテクシード(6245)が3.7%高の2002円など。家電メーカーの英ダイソンが2020年までに電気自動車(EV)を製造し、動力源の電池開発にEV開発と同じく10億ポンド(約1500億円)を投じるとしたことから関連銘柄が買われた。

 ■日本農薬(4997) 4.3%安の625円。17年9月期の営業利益予想を39億円から前期比30%減の31億円に下方修正した。国内農薬販売の伸び悩みや海外農薬販売の品目構成の変化が影響した。

今、あなたにオススメ
Recommended by