民進党、希望との合流を決定 前原代表「名を捨てて実を取る」 政権交代目指す

民進党の両院議員総会に臨む前原代表=28日午後、東京・永田町の党本部
民進党の両院議員総会に臨む前原代表=28日午後、東京・永田町の党本部【拡大】

 民進党は28日の党両院議員総会で、前原誠司代表が提案した、小池百合子東京都知事が代表を務める国政新党「希望の党」との合流を決定した。小池氏の対応が焦点となる。

 前原氏は党本部で開いた両院議員総会で挨拶し、政権交代可能な政党を目指し、「名を捨てて実を取ることで理解いただきたい」と表明し、解党した上で小池氏が代表を務める「希望の党」への合流を提案した。

 民進党による新党「希望の党」への合流決定に関し、民進党所属の衆院議員は基本的に離党して新党に参加する形式となる。民進党幹部が明らかにした。

 前原氏は「他党と合流するのではなく、政権交代のプラットホームをわれわれがつくりたい。われわれはどんな手段を使っても安倍晋三政権を止めて、退場に追い込まないといけない」と強調した。

 また「『1強多弱』の状況にじくじたる思いがある。見せかけの株価のための取り組みに国民は目くらましを食らっている」と安倍政権の経済政策を批判。安全保障関連法に対しても「日米安保の強化は必要だとしても、憲法違反は駄目だ」と述べた。

 前原氏は両院議員総会で、小池氏と近く会談し、合流を伝えると説明した。複数の総会出席者が明らかにした。

 前原氏はまた、「今後も存続する民進党の代表として一人残る」との意思表明をした。総会後、民進党幹部が明らかにした。