自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長「衆院解散は北朝鮮対応に全く影響ない」 態勢変更もなし

自衛隊の河野克俊統合幕僚長=14日午後、東京都新宿区(川口良介撮影)
自衛隊の河野克俊統合幕僚長=14日午後、東京都新宿区(川口良介撮影)【拡大】

 自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は28日の記者会見で、同日の衆院解散について「官房長官、防衛相は東京で対応されると聞き及んでいる。全く影響はない」と述べ、弾道ミサイル発射や核実験を続けている北朝鮮への対応に問題はないと認識を強調した。

 安倍晋三首相は菅義偉官房長官と小野寺五典防衛相に対し、選挙期間中は北朝鮮対応のため都内に待機するよう指示している。

 河野氏はまた「自衛隊の警戒監視態勢については何ら変更はない」とも語り、選挙期間中もこれまで通りの態勢で臨む考えを示した。

今、あなたにオススメ
Recommended by