共産・志位委員長、「重大な背信」と民進を批判 希望の党公認の民進候補に「刺客」擁立

共産党の志位和夫委員長(佐藤徳昭撮影)
共産党の志位和夫委員長(佐藤徳昭撮影)【拡大】

 共産党の志位和夫委員長は28日、民進党の前原誠司代表が表明した小池百合子東京都知事が率いる「希望の党」との合流方針について「重大な背信行為と言わざるを得ない」と批判した。都内で記者団に語った。

 志位氏は「民進党からの説明はない。なぜこういう事態になったのか、きちんとたださないといけない」とも語った。

 共産党は民進党を含む4野党で、選挙区での候補者一本化に向けて直前まで調整していたが、はしごを外された。このため志位氏は「民進党候補で希望の党の公認を得た場合は、共産党候補を原則として擁立する対応は当然やっていく」と述べ、「刺客」を擁立して対抗する考えを示した。

 また、安全保障関連法廃止を訴えていた民進党が、同法を容認し憲法改正にも前向きな希望の党と合流することに関して「大きな矛盾を抱えている」と非難した。