ダイソン、20年までにEV 創業者「他社と根本的に異なるものに」

 掃除機やヘアドライヤー、空調家電のメーカーとして知られる英ダイソンは、2020年までに電気自動車(EV)を製造する。創業者のジェームズ・ダイソン氏が26日に明らかにした。

 同社はEV開発に10億ポンド(約1500億円)を投資し、動力源となる全固体電池の開発に同額を投じる。掃除機やエアフィルターの研究開発支出を大幅に上回る額となる。

 同社はドイツのフォルクスワーゲン(VW)やダイムラー、トヨタ自動車、米テスラなど、既に多くの企業が競合する分野に参入する。現在、ほとんどのメーカーがリチウムイオン電池を使用しているのに対し、ダイソンはEVに全固体電池を使用する。これは、より小さく、効率性が高く、充電が容易で、リサイクルも簡単だと説明した。トヨタもこのタイプの電池を開発中で、20年代の初めまでに同電池をEVに搭載したいと今年表明している。

 ダイソン氏は同社が開発するEVについて、テスラなどの自動車メーカーが設計しているものとは「根本的に異なる」ものになると説明。「他社と同じように見えるものでは意味がない」とし、「スポーツカーではなく、非常に安い車でもない」と述べた。(ブルームバーグ Jeremy Kahn)