衆院選 民進・枝野氏ら新党結成へ 午後発表、長妻氏ら参加

記者会見する民進党の枝野代表代行=1日午前、国会
記者会見する民進党の枝野代表代行=1日午前、国会【拡大】

 民進党の枝野幸男代表代行は2日、新党を結成する方針を固めた。同日午後に発表する。関係者が明らかにした。長妻昭選対委員長、赤松広隆元衆院副議長、近藤昭一副代表らが参加を検討している。一方、小池百合子東京都知事が率いる新党「希望の党」は、民進党との「合流」に伴う衆院選への候補擁立に向け、詰めの調整に入った。希望側は民進党出身者を選別し、公認する意向。2日中にも第1次公認を発表する構えだ。

 関係者によると、枝野氏は「希望に参加できない前衆院議員と共に戦える党が必要だと判断した」という。枝野氏は連合本部を訪問し、新党結成を伝える見通しだ。

 民進党出身者の公認を巡っては、小池氏が安全保障政策や憲法観で絞り込む考えを表明。枝野氏らリベラル系の民進党出身者は、小池氏の「排除の論理」に反発し、新党結成を検討していた。