民進の枝野氏、新党「立憲民主党」結成を表明 希望とは「理念や政策異なる」

会見で新党結成を表明する民進党の枝野幸男氏=2日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)
会見で新党結成を表明する民進党の枝野幸男氏=2日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)【拡大】

  • 記者の囲み取材に応じる民進党の枝野幸男代表代行=2日午前、東京都千代田区(川口良介撮影)

 民進党の枝野幸男代表代行は2日午後、東京都内のホテルで記者会見し、衆院選に向け、希望の党に合流しないリベラル派による新党「立憲民主党」を立ち上げることを正式に表明した。赤松広隆元衆院副議長や辻元清美幹事長代行らが参加する意向だ。

 枝野氏は記者会見で、「安倍晋三政権の暴走に歯止めをかけるための大きな役割を果たす」と述べた。

 小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」について「私たちが積み重ね、目指してきた理念や政策とは異なる」と指摘。さらに、希望の党に合流する方針を転換し立憲民主党に入りたい候補者を「排除しない」とした。

 枝野氏は会見で、安倍首相が提案している憲法9条への自衛隊明記について「許されるものではない」と強調した。民進党最大の支持母体である連合と立憲民主党の関係については「働く者の立場というのが私たちの立ち位置だ。連合とも連携していける」と述べ、支援を得られるとの認識を示した。

 関係者によると、枝野氏は代表代行を務めていた民進党に離党届を提出した。長妻昭選対委員長、赤松氏、菅直人元首相らも提出したという。