容疑者の交際相手は東京に滞在中 ラスベガス銃乱射

スティーブン・パドック容疑者(EricPaddock氏提供、AP=共同)
スティーブン・パドック容疑者(EricPaddock氏提供、AP=共同)【拡大】

 【ニューヨーク=上塚真由】米西部ネバダ州ラスベガスで起きた銃乱射事件で、地元警察は2日の記者会見で、スティーブン・パドック容疑者(64)=死亡=の交際相手の女性(62)が現在、東京に滞在していると明らかにした。女性は近く帰国する予定で、警察当局は女性の帰国後、本格的に事情聴取する方針という。

 米メディアによると、交際相手の女性はアジア系で、パドック容疑者とラスベガス郊外で同居していた。女性は1日の事件発生当時、米国外におり、事件とは直接関係がないとみられている。