【東京市場の注目銘柄】(4日)テイカ 7.1%高 UVケアの需要拡大に期待 (1/2ページ)

 ■テイカ(4027) 前日比7.1%高の2303円。いちよし経済研究所は、投資判断を新規に「A(買い)」とし、フェアバリュー(適正株価)を3100円とした。日焼け止めなどUVケア化粧品の主成分である微粒子酸化チタン・亜鉛の世界トップメーカーで、同化粧品のインバウンド需要拡大や日常使いの広まりから営業利益が中期的に年率10%のペースで拡大するとみている。

 ■ファンケル(4921) 4.4%高の2519円。ジェフリーズ証券は、投資判断を「アンダーパフォーム」から「ホールド」、目標株価を1200円から2500円に上げた。堅調なインバウンド需要や化粧品ブランドの販売上振れ、広告費強化の恩恵を受けて業績は明らかに回復しているとの見方を示した。

 【原油関連銘柄】JXTGホールディングス(5020)が2.3%安の562.4円、国際石油開発帝石(1605)が1.3%安の1170.5円など。3日のニューヨーク原油先物市場でWTI先物が続落、ほぼ2週間ぶりの安値となったことが嫌気された。

 【非鉄】 DOWAホールディングス(5714)が4.2%高の4315円、住友金属鉱山(5713)が1.9%高の3717円、UACJ(5741)が1.2%高の3285円など。メリルリンチ日本証券は、商品市況見通しの引き上げを踏まえ、非鉄金属セクターの強気スタンスとDOWAHD、住友金属鉱山、三井金属、UACJの投資判断「買い」を継続した。

今、あなたにオススメ
Recommended by