原発比率2%…ベストミックス達成ほど遠く 新増設“解禁”不可欠 (2/2ページ)

東京電力柏崎刈羽原発の6号機(右)と7号機=新潟県
東京電力柏崎刈羽原発の6号機(右)と7号機=新潟県【拡大】

 だが、経産省は検討中の新たなエネルギー基本計画で原発の新増設を引き続き封印する構え。「再稼働が進まない状況で提案しても理解が得られない」(幹部)との判断だが、腰が引けた印象は否めない。

 再稼働が進まず新増設も認めないとなれば、優秀な技術者は流出し、いずれ国内で原子力技術を維持することが難しくなる。原発を中長期的に使い続けると決めた以上、新増設に正面から向き合うことが必要だ。(田辺裕晶)