【東京市場の注目銘柄】(5日)イオン 2.1%高 業績予想上方修正を好感 (1/2ページ)

 ■イオン(8267) 前日比2.1%高の1714.5円。2018年2月期の営業利益計画を従来予想の1950億円から前期比8.3%増の2000億円に上方修正したことなどが好感された。市場予想は1954億円。経費構造改革の推進などでイオンリテールを中心に総合スーパー(GMS)事業の損益が改善した。

 ■ミニストップ(9946) 1.2%安の2230円。8月中間営業利益は前年同期比9.1%減の14億2000万円と従来計画21億円を下回った。8月の天候不順で店内加工ファストフードのコールドスイーツや夏物商材全般の販売が不振だった。

 ■ぐるなび(2440) 7.4%高の1745円。みずほ証券は、投資判断を新規に「買い」、目標株を2200円で調査を開始。飲食店販促での業績停滞などの懸念が高まっていたが、有料加盟店の店舗あたり契約高(ARPU)は4~6月期(第1四半期)に下げ止まるなど悲観論は後退するとの見方を示した。同証券が同じく「買い」で調査を開始したカカクコム(2371)は3.2%高の1508円、MonotaRO(3064)は2.7%高の3100円だった。

今、あなたにオススメ
Recommended by