コメの作況「平年並み」 東北29年産 低温・日照不足が影響

 東北農政局が発表した東北地方の平成29年産米の作柄概況(9月15日現在)は、10アール当たりの平年収量を「100」とした場合の作況指数は「100」の「平年並み」となった。「102」の「やや良」だった28年産の同時期を下回った。

 穂数に1穂当たりのもみ数をかけた全もみ数は、7月の好天で平年に比べ「やや多い」だったが、8月の低温と日照不足の影響で、もみの実り具合が「やや不良」と見込まれるため。

 県別では、青森=99▽秋田=99▽岩手=100▽宮城=100▽山形=101▽福島=100-と6県全てが「平年並み」。各県内の地域別では、夏に豪雨に見舞われた秋田県南が98の「やや不良」だった。