フィリピン、企業CEO調査 7割が経済成長6%超予想 (2/2ページ)

大企業が集まるマニラ首都圏のマカティ市。同市はフィリピン経済の中心地ともされる(ブルームバーグ)
大企業が集まるマニラ首都圏のマカティ市。同市はフィリピン経済の中心地ともされる(ブルームバーグ)【拡大】

 イスラ・リパナの幹部はフィリピンのCEOについて「東南アジア諸国連合(ASEAN)市場で成功する力が自社に備わっていると確信している」とし、域内各国の企業との戦略的提携についてもオープンになっているようだと分析した。

 一方、フィリピン経済の懸念材料については(複数回答)、79%が「汚職・腐敗」、78%が「危機に対する準備」、76%が「サイバー攻撃」、75%が「技術の進歩の早さ」、72%が「労働者の技能」と回答した。(シンガポール支局)