自社ブランドで顧客の気まぐれに即応 (1/2ページ)

ザランドのロゴが入った箱(ブルームバーグ)
ザランドのロゴが入った箱(ブルームバーグ)【拡大】

 ネット通販専門の小売業者が、米インターネット通販大手アマゾン・コムとデジタル世界へ進出しつつある実店舗型ショップという二重の脅威から逃れようとする中、欧州では多くの新たなファッションブランドがオンライン上で誕生している。

 独ベルリンのオンラインセレクトショップ、ザランドは2010年以降、17の自社ブランドを立ち上げた。現在は「ピア・ワン」の30ユーロ(約4万円)未満のセーターから「マイ・ピウ・センツァ」の170ユーロ超のブーツまで、幅広い商品を販売。年間売上高36億4000万ユーロのうち、5億ユーロを新規ブランドで上げている。英オンライン小売りのエイソスは、間もなく売上高の50%を自社ブランドが占めるようになると予測する。伊オンライン高級ファッション小売り、ユークス・ネッタポルテも「アイリス&インク」など自社ブランドの展開を開始した。

 調査会社ファン・グローバル・リテール・アンド・テクノロジーのマネージングディレクター、デボラ・ウェンスウィグ氏は「新たに登場したオンライン専門の小売業者らは、新しいものを迅速かつ継続的に入手したいという消費者の要望に速やかに対応している」と指摘する。アマゾンが自ら12以上の自社ブランドを立ち上げたことを受けて、ザランドやエイソスのような企業にとっては消費者の気まぐれに追い付くことがより重要な課題となった。一方で、アパレルブランド「ザラ」を傘下に持つスペインのインディテックスはトルコやインドなどに進出し、オンライン売上高を倍加。スウェーデンのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)もオンライン売上高を毎年25%以上伸ばす計画だ。

オンライン業者、時代の先端へ