【東京市場の注目銘柄】(6日)ベルク 9%高 新規出店や改装で売り上げ増 (1/2ページ)

 ■ベルク(9974) 前日比9%高の5910円。8月中間最終利益は前年同期比12%増の35億8500万円。千葉市など4店舗を出店、既存4店舗の改装を通じ総菜拡充なども図り、売上高は8%伸びた。採算面ではセミセルフレジ導入を推進、商品の大量一括調達や配送体制の見直しなど運営効率の見直しにも取り組んだことが奏功した。

 ■ファーストリテイリング(9983) 3.3%高の3万5230円。UBS証券は投資判断を「中立」から「買い」とし、目標株価を3万7000円から4万円に上げた。ファッションブランド「ユニクロ」が中国で着実に展開し、東南アジアでの成長も加速、連結業績を牽引(けんいん)するとみる。

 ■薬王堂(3385) 10%高の3180円。8月中間営業利益は前年同期比11%増の19億600万円。食品や飲料、菓子、酒類などコンビニエンスケア部門、仕上剤や家庭紙、台所用品などホームケア部門の売り上げが10%以上増加した。

 ■キリン堂ホールディングス(3194) 9%高の1443円。2018年2月期の最終利益計画を6億9000万円から前期比45%増の9億2000万円に上方修正した。既存店の売り場改装やポイントカードを活用した販促などで上半期売上高が計画を上回ったことなどを踏まえた。

 ■ラウンドワン(4680) 1.2%高の1476円。9月の既存店売上高は前年同月比6.8%増。ボウリングやアミューズメントの伸びが全体を牽引、アミューズメントではクレーンゲームなど景品機が好調だった。既存店売上高が前年水準を上回るのは4カ月連続。

今、あなたにオススメ
Recommended by