人民元下落、7年間訪れず 中国弱気派ヘッジファンド 悔悟の日々 (2/2ページ)

 ハート氏は潮目が変わり、中国に追い風が吹いたとみている。同国が自国を世界の金融システムに着実に統合させようとする中で、海外の中央銀行や機関投資家は人民元の保有を拡大、貿易面の主要地域との関係も強化されてきたからだ。海外資産の買収を制限するなど、当局による資本規制も非常に効果的だったと同氏はみている。少なくとも今は、人民元取引の予定はないという。(ブルームバーグ Saijel Kishan)

今、あなたにオススメ
Recommended by