【今週の予定】9-15日 衆院選公示/国際収支/パウエルFRB理事講演ほか (1/2ページ)

【衆院選2017】党首討論会で討論する、希望の党の小池百合子代表=8日午後、東京都千代田区のプレスセンター(宮崎瑞穂撮影)
【衆院選2017】党首討論会で討論する、希望の党の小池百合子代表=8日午後、東京都千代田区のプレスセンター(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

 <焦点>

 ▼10日 第48回衆院選の公示日

 10日、第48回衆院選が公示され、選挙戦が本番を迎える。同日、小選挙区、比例代表単独で1000人以上が立候補届を出す見通し。前回2014年衆院選の立候補者は1191人だった。議員定数は、小選挙区定数が「0増6減」により289に、比例代表が「0増4減」で176となり、戦後最少の計465。安倍晋三首相は勝敗ラインを自民、公明両党で過半数(233議席)と説明している。今回の衆院選は5年近くになる「安倍政治」の是非や憲法改正、経済政策などが争点となる。東京都の小池百合子知事が代表を務める新党「希望の党」の参戦で、前回とは少し異なる選挙戦となりそうだ。投票日は22日で、即日開票される。

 ▼9日 ノーベル経済学賞を発表

 気候変動や経済成長、金融政策などの分野での受賞が予想される。2016年は米国の経済学者2人が受賞した。

 ▼10日 8月の国際収支が発表

 7月まで37カ月連続の黒字を続けている。海外子会社から受け取る配当が増え、7月としては過去最高の黒字幅を記録した。

 ▼12日 パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)理事が講演

 次期FRB議長として、イエレン現議長のほか、ウォーシュ元FRB理事らとともに、パウエル理事が候補に挙げられている。

 ▼13日 9月の米消費者物価指数(CPI)発表

 8月は季節調整済みで前月比0.4%上昇。ガソリン、家賃が上がり、指数の伸びに寄与した。

【10月9日、月】

 <国内予定>

 ▽体育の日で休日

 <海外予定>

 ▽米国債市場は祝日のため休場

 ▽ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)

 ▽ノーベル経済学賞の受賞者発表(スウェーデン)

 ▽英 EU離脱第5回交渉開始(ブリュッセル)

 ▽中国財新コンポジット・サービス業PMI(9月)

今、あなたにオススメ
Recommended by