最高級ワインの産地「壊滅」 米カリフォルニア山火事で非常事態宣言 (1/2ページ)

 米カリフォルニア州北部の象徴的なワイン生産地を襲った山火事で、これまでに11人が死亡し、2万人以上が避難している。米国で最も価値のあるブドウ園やワイナリーの一部も被害を受けた。

 カリフォルニア州当局によると、過去24時間に州北部で17件の火災が強風であおられ、11万5000エーカー(約465平方キロメートル)余りが炎に包まれた。商業施設や住宅など少なくとも約1500棟が焼け、ブラウン州知事はナパ、ソノマ、ユバの各郡に非常事態宣言を発令した。

 山火事に見舞われた地域は同州屈指の風光明媚(めいび)な観光地で、数万人が暮らす。ワイン・インスティチュートによると、同州のワイン産業は2016年に2360万人の観光客を集め、341億ドル(約3兆8300億円)の売り上げを計上した。ナパバレーとソノマバレーでは州内で最高級のワインが生産されている。

 カリフォルニア大学デービス校のダニエル・サムナー教授(農学)によると、ソノマとナパの収穫は大部分終了しているが、未収穫のブドウやブドウの木などに火災の被害が及ぶ可能性がある。

 ラボバンク・インターナショナルの飲料アナリスト、スティーブン・ラネクリーブ氏によると、ソノマとナパはカリフォルニア州のワイン生産の約1割にとどまるが、この地域で生産されるカベルネ・ソーヴィニヨンというブドウ品種の価格は通常、1トン当たり7000ドルと、同州の生産の大部分を占めるサンホアキン産の同400ドルを大きく上回る。

「価値の大部分がそこで生み出される、非常に壊滅的」