【東京市場の注目銘柄】(12日)サイゼリヤ 9.6%高 (1/2ページ)

 ≪円高、原材料安で人件費増カバー≫

 ■サイゼリヤ(7581) 前日比9.6%高の3485円。2017年8月期の営業利益は前期比25%増の112億円。既存店売上高が15カ月連続で前年同月を上回るなど日本事業が好調で、アジアや豪州も増益だった。野村証券は日本事業について円高や原材料安による粗利益率の改善や既存店の好調で人件費上昇の影響を吸収したと分析。さらに、アジアの既存店回復が確認できた点は好印象との見方も示した。

 ■プレナス(9945) 8.4%安の2326円。8月中間営業利益は前年同期比8.6%増の31億7700万円、6~8月期だけをみると33%減の11億3100万円だった。また、持ち帰り弁当チェーン店「ほっともっと」など既存店売り上げや年間出店数が当初想定を下回るとし、18年2月期の売上高計画を1547億円から前期比6.6%増の1503億円に下方修正した。

 ■エービーシー・マート(2670) 3.3%安の5830円。18年2月期の売上高計画を2540億円から2522億円に下方修正した。韓国のインバウンド消費低下により既存店売上高が弱含むと想定。ゴールドマン・サックス証券は目標株価を6100円から6000円に下げた。

 ■オリエンタルランド(4661) 2.7%高の9235円。野村証券は投資判断を「中立」から「買い」、目標株価を7500円から1万1600円に変更。東京ディズニーランド開業40周年の24年3月期年間来場者数は、従来予想の3970万人を上回ると分析した。

今、あなたにオススメ
Recommended by