東証、21年ぶり2万1千円 収益拡大期待、9日続伸

2万1000円を回復した日経平均株価を示すボード=13日午前、東京都中央区
2万1000円を回復した日経平均株価を示すボード=13日午前、東京都中央区【拡大】

 13日の東京株式市場は、世界的な経済成長による上場企業の収益拡大を期待した買い注文が膨らみ、日経平均株価(225種)は9営業日続伸した。約21年ぶりに2万1000円の大台を回復して取引を終えた。

 終値は前日比200円46銭高の2万1155円18銭で、1996年11月以来の高値を付けた。東京証券取引所第1部の時価総額は630兆円を超え、5営業日連続で過去最大を更新した。

 最近国内外で良好な経済統計の発表が多く、上場企業の業績が一段と伸びるとの観測が広がっている。幅広い業種に買いが入り、日立製作所やJR東海、ソフトバンクグループなど今年の高値を更新する企業が相次いだ。

 前日に好決算を公表した衣料品店「ユニクロ」のファーストリテイリングやセブン&アイ・ホールディングスの株が買われ、小売業の銘柄の値上がりが際立った。13日発表の中国の貿易統計が堅調で、平均株価は午後に上げ幅を広げた。

 東証株価指数(TOPIX)は8.49ポイント高の1708.62で、2007年7月以来の高水準。出来高は約18億4700万株だった。

 平均株価は9営業日で800円近く値上がりした。