公明・山口那津男代表演説詳報 「公明党のエンジンなければ、まっすぐ飛べない」 (1/7ページ)

新金岡駅前で応援演説を行った公明党の山口那津男代表=15日午後5時44分、堺市北区(恵守乾撮影)
新金岡駅前で応援演説を行った公明党の山口那津男代表=15日午後5時44分、堺市北区(恵守乾撮影)【拡大】

  • 新金岡駅前で応援演説を行った公明党の山口那津男代表=15日午後5時32分、堺市北区(恵守乾撮影)

 衆院選投開票(22日)に向けて最後の日曜日となった15日、公明党の山口那津男代表は神戸市長田区のJR新長田駅前で街頭演説し、「少子高齢社会の大きな山を乗り越えるため、公明党が訴えてきた教育の負担を軽くすることをやらせていただきたい」などと強調した。詳報は次の通り。

 

 神戸の皆さん、こんにちは。なっちゃんです。ありがとうございます。この雨の中を公明党頑張れと大勢の皆さまに駆けつけていただきましたこと、心から感謝とお礼を申し上げます。皆さん、本当にありがとうございます。

 いよいよ投票日まであと1週間となりました。この1週間で勝負が決まります。何を勝負するか。私たちが今、直面する大きな課題、どの政権にこれから乗り越える役割を託すか。これまでの自民党と公明党の連立政権、確かな実績を生み出し、そしてこれからの未来をしっかりと描く、この自民、公明の連立政権に勝たせていただきたい。ありがとうございます。「任せてくれ」。本当に神戸の方は心強い。

 あの阪神淡路の大震災のときまで、災害はどこに起きるか分からないから、お互いさまだから、私有財産は我慢せざるを得ない。それが常識だった。しかし、この日本を代表する大都市が壊滅状態になって、そして国が何の手も差し伸べることができない。こんな理不尽なことはない。訴え続けて、そして被災者生活再建支援法をつくり上げ、さらには瓦礫の処理も政府が代わってやることができる。そういう仕組みをつくり上げた。

 それに引き換え、皆さん、思い出してください。2009年に民主党政権が誕生しました。しかし、あの東日本大震災で、遅い、鈍い、心がない。批判されて大失敗したのが民主党政権だったではありませんか。