立憲民主・枝野幸男代表演説詳報 「党を立ち上げるには迷いもあったが…」 (5/9ページ)

南海堺東駅前で街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表=15日午後、堺市堺区(沢野貴信撮影)
南海堺東駅前で街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表=15日午後、堺市堺区(沢野貴信撮影)【拡大】

  • 有権者と握手して支持を訴える立憲民主党の枝野幸男代表=15日午後、堺市堺区の南海堺東駅前(沢野貴信撮影)

 働く側からすれば、働くというのはどういうことですか。そのことによって、自分が、家族が、生活を営む、暮らしていく、そのためには、一定の安定的な雇用がなければ、そしてある程度生活していくためのお金がもらえなければ、働くということの意味が違っているじゃないでしょうか。

 そうした、働く側に立った労働法制に、一気にはできないです、中小・零細潰れちゃいますから、段階的に戻していこうじゃありませんか。 そして、過労自殺。ブラック企業。サービス残業。ただでさえ働き方のルールが守られていないです。ちゃんと守らせましょう。

 しかも、安倍政権は、この選挙がなければ秋の臨時国会で「残業代ゼロ法」を作ろうとしていたんですよ。制度があっても、残業代払わずにサービス残業させている。それを取り締まることもできないのに、堂々と「残業しても残業代払わない」。そんな仕組みを作ろうとしているんですよ。

 逆じゃないですか。私たちは、むしろ長時間労働を是正させる。残業したら、働いたら働いただけお給料払う。当たり前じゃないですか。その当たり前のことを守らせる。ルールに基づいた市場競争というものをしっかりとやることによって、ゆがんだ格差や貧困に対して立ち向かっていきたいと思っています。

 もう1つは、所得の低い人たちの所得の底上げです。お金をただばらまくだけでは持続可能性がありません。効果的なところ、必要なところにちゃんとお金を回す。そして賃金を底上げをする。

 その代表が介護と保育です。需要があるのに、人手不足でサービスが提供できない分野なんです。