希望・小池代表、辞任検討「早すぎる」 “排除”発言は「傷つけるつもりなかった」と釈明

定例会見後、記者の質問に答える希望の党代表の小池百合子東京都知事=19日午後、都庁(福島範和撮影)
定例会見後、記者の質問に答える希望の党代表の小池百合子東京都知事=19日午後、都庁(福島範和撮影)【拡大】

 希望の党の小池百合子代表は19日、東京都庁で報道陣の取材に応じ、衆院選の各社世論調査で希望の苦戦が伝えられる中、敗北した場合は代表の引責辞任を検討するかを問われ「まだ早すぎる。今は勝ち抜くための努力をしているところだ」と述べた。希望の公示前勢力(57議席)を下回れば敗北かとの質問には「最後まで戦い抜いた上で考えたい」と話し、勝敗ラインは明言しなかった。

 小池氏は「私は党代表と都知事を兼任し、国会議員の資格はない。国会の方で代表を置くことになろうかと思う」と述べ、国会議員の共同代表を検討する考えを改めて示した。

 公認候補の選別で、政策などが合わなければ「排除する」と述べたことは「きつい言葉だったかもしれないが、傷つけるつもりはなかった。理念などが一致して政党と言えるわけで、言葉だけ切り取られて真意が伝わらなかった」と釈明した。