衆院選、有権者の出足が前回上回る 午前11時の投票率は全国平均12・24%

投票所で投票する有権者ら=22日午前、東京都新宿区(佐藤徳昭撮影)
投票所で投票する有権者ら=22日午前、東京都新宿区(佐藤徳昭撮影)【拡大】

 第48回衆院選は22日午前7時から全国各地で投票が始まった。安倍晋三首相(自民党総裁)の経済政策「アベノミクス」や憲法改正の是非を主な争点として、前回の衆院選から2年10カ月にわたる政権運営が問われる。大勢は深夜にも判明する見通し。総務省によると午前11時現在の投票率は全国平均12・24%で、前回の11・08%を1・16ポイント上回った。

 台風21号が接近し各地で大雨が予想されるため、最終的な投票率の低下も懸念される。投票は原則として午後8時までで、即日開票される。一部地域は投票の締め切り時間が繰り上げられる。

 今回の衆院選から「1票の格差」是正に伴い定数が10削減され、戦後最少の465議席(小選挙区289、比例代表176)を争う。8政党などから1180人が立候補した。